Let's レン耐 明智

今日はレン耐明智戦です。

ところが、私事なんですが、息子の発表会とスケジュールが

バッティングしてしまい、どちらも外せないためダブルブッキング!

息子の出番は14:30ころ。そしてレン耐のスタートは12:00。

仲間には迷惑かけますが、スタートライダーをさせて頂き、

13:00撤収、発表会会場へ…と言う個人的なタイスケを組ませて頂きました。



今日は、練習走行からマシンに上手く馴染めずに、

3連戦連続転倒記録に怯えながら走りました。転びそうな気がしてたまりません。

スタートライダーと言うことで、練習走行後そのままグリッドに付きます。

極度の緊張が体中を走り、上手く走る自信が持てません。

クラッチレバーがリアブレーキに思える始末です。



きょうもゼッケン1番のポールスタート。

いざフラッグが振られると何とかなるものですね。

スタート自体は上手く行き、トップで1コーナーへ。

作戦上自分のピットスルーは2回。1時間の走行のなかでタイミングを作ります。

およそ55分走行時、順調に1位を走っておりました。


あと数分でピットイン、そして交代です。

そんなタイミングで、ストレートで妙に遅い車両と出くわします。

ただ同じ100ccと言う排気量でなかなか前には出られません。

チャンスが訪れたのは5コーナー。5速全開中の右コーナーです。

1m弱くらいの隙間を縫ってインを指しました。

ところが、何を思ったのか、インを刺されたライダーがインを占めて来ます。

たまらずイン側の芝生によけますが、なおもインに寄せて来ます。

結果、接触、と言うよりぶつけられて転倒orz

直ぐにバイクに駆け寄り起こしましたが、むかっ腹が立って、接触した相手に

暴言ならぬ暴アクションを起こしてしまいました。反省です。

幸いエンジンはすぐにかかり再スタートできましたが、ブレーキレバーが

くんにゃり曲がってしまいました。樋口さん上納のためにピットインしますが、

マシン修復に時間が掛り、5位まで転落です。

そして僕の持ち時間も終わってしまい、名残惜しいのですが、後は仲間に託し、

一路息子の発表会に向かわせて頂きました。

幸い道路も渋滞しておらず14:20には無事到着。

息子の晴れ姿を見ることが出来ました。良かったです。

早退を快諾してくれた仲間には感謝の言葉しか見当たりません。

.


演目も終わり、今日の結果が気になって電話をして見ます。

「もちろん、優勝だよね?」

すると、予想外の言葉がかえって来ました。

な、なんと!今日はもう一人転んでしまったようです。

しかもマシンの破損がひどかったみたいで、7位だったようです。

ここのところ、ずっと成績が良かったせいで天狗になっていたのでしょうか。

まさに、勝って兜の緒を締めよ!ですね。

次戦は初心に帰って頑張りたいと思います。

この記事へのコメント

ばんちゃん
2011年03月07日 23:51
たぶん、本文を見てまして、あなたの前を走っていたのは、自分です。申し訳ありませんでしたm(_ _)m
 正直、今回始めての参加で、走りも要領が掴めず、自分自身で、何とか研究しながら(シフトの方法とかコースの取り方とか、いろいろ…)走っておりましたので、うしろから来ているバイクには、まったく気づいてませんでしたですから故意でインを守ってブロックしたのではなく、自分の事で精一杯だったのです理解していただければ幸いです。自分もその後、指差されていたのを、しっかりと覚えております。何が起こったのか分からないでおりました。お許しくださいね
 話は、変わりますが、自分も、バイクブロスというブログに「ばんちゃん」というニックネームでブログをかいております。愛車は、ホーネット250です。一度足跡をつけて行って下さいませ。


 

この記事へのトラックバック